fotolia_111130293_xs1

こんにちは!
するっと結婚を叶える、婚活コーチのよっしーです。

アラフォーの婚活女性にとって、
年齢と出産の関係はすごく気になりますよね。

私、いつまで子どもを産めるんだろう?

私の妻は39歳で初産でしたし、
著名人でも40歳過ぎて、
子どもを産む女性が増えている気がします。

だからって、
「アラフォーでも大丈夫、産めますよ」
とは気軽に言えません。

年齢が上がれば、
産みにくくなるのは事実ですから。

そもそも、
不妊になる原因は女性にだけでなく、
男性にもあります。

あなたに妊娠できる体があっても、
相手がそうでない場合もあるんです。

そのことに気づいている男性は
少ないですけど・・・。

私は妻が妊娠したとき、こう思いました。
ああ、種があってよかったな・・・

男性だって不安はあるんですよ。

最近では卵子を凍結保存する、
なんて方法が行われはじめています。

できることは、
したほうがいいのでしょう。

ただ、自分の年齢や体のケアには
限界があるんです。

あなたは自分の「妊娠力」に
不安があるかもしれません。

けれど、男性にだって
「妊娠させ力」があるかどうかは、
結婚するまで分かりません。

確率の違いはあっても、
男性も女性もお互いさまです。

若くして結婚したからといって、
子どもに恵まれるとは限りません。

若くても、アラフォーでも、
子どもが保証されて、
結婚できるわけではないんです。

できちゃった婚は除きますけどね・・・。

で、一人の男性として、
アラフォー婚活女性のみなさんに
お伝えしたいことがあります。

それは
「子どもは出来ても、
できなくても、どっちでもいいよ」

という男性も、
世の中にいるってことです。

男性も大きく分けたら、
どうしても欲しい」派、
いらない」派、
どっちでもいい」派になります。

やっぱり、
どうしても欲しい」派が大半でしょうね。

子どもがいて当たり前、
親に孫の顔を見せたいとか、
理由はいろいろでしょう。

いらない」派という男性もいます。

子どもが好きじゃない、
子育てに時間をとられたくないとか。

それから、
アラフォー婚活女子が
狙いたい男性たち。

どっちでもいい」派です。

子どもは欲しいけれど、
できなかったら仕方ないと
言ってくれる男性です。

私もそうでした。
子どもは好きでしたし、
欲しいと思ってました。

でも、「できたらいいけど、
できなかったら、それでもいい
」。

本心からそう思っていました。

自分もアラフォーでしたから、
年相応に妊娠させ力は
下がっていると思っていましたし。

ただ、
この女性となら今より幸せになれるだろう、
そう感じただけでした。

幸せな家庭を作るのに、
子どもを絶対条件にはしていなかったんです。

少数派かもしれませんが、いい意味で、
達観している男性は確実に存在します。

年齢が上がるほど、
そういう男性は増えていきます。

それがアラフォー以上の男性の
いいところかもしれません。

ただし、そうした男性は外見では分かりませんよ。

スペックとか、
結婚相談所で書くようなプロフィールでは、
その人の本当の価値観は分かりません。

容姿がいまいち、お金もない、
それでも、

「どっちでもいいよ」と言ってくれる男性は、
見方次第でいい男になるんです。

結局のところ、
あなたが何を大切にして
男性を見るかなんです。

気をつけたいのは、
絶対にいらない」という男性ですね。

自分が育った家庭で、
愛情を満たしてもらえなかった
という原因があるかもしれません。

家庭や子育てからは、
幸せを感じられない男性も多いんです。

そうした男性にとっては、
仕事や趣味とか、

「自分の時間」が人生のすべてに
なってしまう可能性が高いです。

もちろんその人たちも、
似たような価値観の女性と出会って
幸せになれます。

ただし、あなたが出会うべき
男性ではないのかもしれませんね。

アラフォー婚活女子で、
できれば子どもを願うなら、

「子どもを望む」か
「子どもを望まない」かではなく、

「どっちでもいいよ」
と言ってくれる男性とどう出会うかです。

結婚相談所なんかでは
見つからないかもしれません。

お互いにスペックありきで、
次々と会っていきますからね。

本当のところ
どう思っているのか、
見極められないでしょう。

理想は、仕事や趣味を通じて、
じっくりと人柄を知っていくのがいいんですが・・・。

女性は年齢のせいで、
焦りがあるとは思います。

手っ取り早く、
ラクになりたいとも思うでしょう。

でも、遠回りしたほうが、
いい出会いに恵まれることもあります。

できれば、お互いに歩みよれそうな
いい男を、じっくり探してください。

イケメンとか、経済力とか、学歴とか以外に、
あなたにとっては、
大切な価値観があるかもしれませんから。

ちなみに、ちょっとセンシティブな話を。
「養子や里子を引き受ける」ということについてです。

不妊になったら、たしかに
そういう選択肢もあります。

ただ、子どもはペットではないですよね。

そういう状況に置かれた子どもたちは、
いろんな葛藤を抱えて成長していきます。

通常の親子関係にはない悩みも出て来るでしょう。

両親や親戚、世間体とも、
折り合っていかなればなりません。

私は養子や里子を
引き受けた経験がありませんから、

ここでは、そういう選択肢もある
とだけお伝えしておきます。

もしも、我が家に子どもがいなかったら?

そうですね、たぶん、
当面は二人で楽しく暮らしていたでしょうね。

でも、どこかで、「養子や里子」という選択肢も
あるなと考えたでしょう。

そこから先は分かりませんが、
相当に悩むことにはなったと思います。

また、私の知り合いの50代の
シングルファーザーは、
30代後半のアラフォー女性と再婚しました。

子どもはできたらいいね、
という感じのようです。

お互いに子どもうんぬんより、
2人が一緒になることのほうが重要だったのでしょう。

事の是非はともかく、
選択肢はいろいろありますよ
ってことです。

いずれにしろ、
心はやわらかくしておいた方が、
幸せのカタチが豊富になります。

このブログは、
やわらかい価値観を持った男女が、
集えるコミュニティに育っていくでしょう。

柔軟性のある男女で出会えたほうが、
結婚にもつながりやすいですから。

なにより、
やわらかい心の持ち主を見つけるには、
あなた自身の心がやわらかくないといけません。

あなたが「こうでなきゃ!」と
思い込んでいる人生観は、

この世界に無数にある、
可能性のひとつにしか過ぎません。

ぜひ、あなたから、
やわらかくなってほしいです。

やわらかくなった人から幸せになります。

心に柔軟性のある人から、
幸せになっていきますよ。

              

こじらせを解消して、幸せな結婚を引き寄せるヒントはこちら↓
【無料メール講座(全8回)】『するっと結婚が叶う8ステップ』
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*