img_2389

こんにちは!
するっと結婚を叶える、婚活コーチのよっしーです。

週末の土曜日、
今日は横浜のみなとみらい付近を
家族で散策しました。

秋らしい青空が広がって、
まさに結婚式日和

結婚式帰りかな?っていう
引き出物をもった集団を見ると、

ああ、シーズンだなって感じますね。

とにかく、街のあちこちで、
結婚式の雰囲気がプンプンする。

img_2255

お昼前、
いきなりこんな場所を
見つけたので、パシャリ。

レストランウエディングで、
挙式を屋外でするパターン。

なんともロマンチックです。

大通りに思いっきり面していて、
通りすがりの人にも
祝福してもらえる公開スタイル。

目立つの大好き!ウェルカム!
の新郎新婦向きですね。

私はたぶん、うぅぅ、ムリそう。

img_2381

こちらは海沿いにどどーんと、

ディズニーのテーマパークみたいに
立っている結婚式場のチャペルです。

遊園地に隣接していて、
水辺に囲まれて、
ちょっと異空間なシチュエーション。

20代カップルが多そう?
という印象でしたが、良さげでしたよ。
他にも、
横浜港を見渡すような場所で、

おそらく海軍関係とおぼしき、
白い制服を着た外人さんたちが、
結婚式をしていました。

なんかもう、映画の世界。

なんであんなに、
欧米の人たちって、
結婚式がさまになるのかな~。

「愛と青春の旅立ち」に出てくる
リチャード・ギアみたいな、
制服イケメンがそこらにいるんですよ。

女性にとっては、
よだれものの光景だったかもしれません。

う~ん、神さまって不公平。

というか、例えの映画が古すぎて、
伝わりづらい?

img_2392

最後にもう一丁。

ちょっと分かりづらい写真ですが、

青空をバックに
ビル群の向こうへと消えていく、
風船たちの集団です。

結婚式場から飛んできたようですね。

なんかもう、
そこら中、結婚式場かよ!っていう、
そんな象徴的な光景でした。

今日は天気も良かったですからね。

街中のそこかしこに、
幸せな雰囲気が漂っていました。

・・・

とまあ、婚活中のみなさんには、
あまりうれしくないネタ
ドカンと放りこんでしまったかもしれません。

見知らぬ人たちの結婚とはいえ、
胸に刺さるだろうことは
私も身をもって知っています。

独身、長かったですから・・・。

最近、「婚テロ」、
なんて言葉があるそうですね。

SNSで不意に
友だちの結婚を知らされる。

アイコンが花嫁衣裳に変わるとか、
指輪の写真がアップされるとか。

いきなり、年賀状で知らされる、
なんてのもそうなのかな?

とにかく、前ぶれもないまま
友だちが結婚したことを知り、
ひどく落ち込まされることを指すらしい。

たしかに否定できないところはありますね。

早くに結婚した人には
分かりづらいことですが、

周りが先に結婚していくって、
本当に取り残されていく怖さがある。

——

すこし結婚とは違うんですが、
よく似た気持ちを味わったことがあります。

もう10年近く前のこと、

趣味のボーカル教室に、
年下のイケメン君がいたんですね。

さほど親しいというわけではなく、
連絡先すら知らないまま、
そのうち会わなくなりました。

それから数年後のある日、
TVをつけたら、
その彼が歌ってたんですよ。

深夜の音楽番組で。

デビュー・・・しちゃってたんです。

本当にびっくらこいた。

で、なぜだか、
悔しさがこみ上げてきたんです。

私は趣味で、彼はプロを目指していた。

結果が違うのは当たり前です。

そんなのは分かってるんだけど、
先を越された、置いていかれた、
そんな切ない気持ちでした。

と、ここで、
ケっ、デビューするほどうまいかね・・・
なんて毒づきそうになりながら、

ちょっとこう、
心の中で呟いてみたんです。

よかったね、おめでとう。

それをしばらくくり返した。

するとなんだか、
おめでたい気持ちになってきたんですよ。

少しずつだけど、
よくがんばったな~、
すごいね~、よかったね~。

ポジティブな感情がわきあがる。

他人の幸せを祝福できる自分に、
うれしくなってきたんです。

それでもう、
彼と自分を比べる必要がなくなった。

比べるレベルでないことにも気づけた。

自分は自分であればいい、
そんな気持ちになれたんです。

自分と同類だ、
近いレベルだと思っていた人が、
自分より先に幸せになる。

誰であっても、
先を越された、取り残された
って思う気がします。

その人に対して、
理屈の合わない嫉妬をすることがある。

あなたはどうですか?

もしも、
そんな自分に気づくことができたときは、

ちょっと試してみてほしいんですね。

他人の幸せを祝福する、というチャレンジを。

いい人になるためじゃなく、
自分を幸せにするために。

人は好意的に感じているものや
出来事を引き寄せやすい。

人の幸せを祝福するというのは、
その幸せを自分にも許可する、
ということなんですね。

どこで見聞きしたか
忘れてしまったのですが、
私の好きな言葉があります。

あなたが欲するものを、祝福せよ。

友だちであろうと、
見知らぬ人であろうと、

その人が味わっている幸せを祝福する。

この結婚式シーズン、
ちょっと試してみてください。

「よかったね!おめでとう!」

その幸せをあなたも、
体験しやすくなっていきますから。

 

              

こじらせを解消して、幸せな結婚を引き寄せるヒントはこちら↓
【無料メール講座(全8回)】『するっと結婚が叶う8ステップ』
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*