fotolia_85640567_xs2

こんにちは!
するっと結婚を叶える、婚活コーチのよっしーです。

ダダダダーン♪

これはベートーヴェンの
名曲「運命」のはじまりの音。

ビビビ!
これは有名ですね。

松田聖子さんが
結婚相手と出会ったときの
心の音です。

運命の出会いって、
目覚まし時計みたいに
激しい音がするイメージがありませんか?

ビビビビビビー!
この人が運命の人だぞーって。

「会った瞬間に結婚する気がした」
っていう声も少なからず聞きますしね。

でも、実際の結婚って
ビビビばかりじゃないです。

むしろもっと微妙な音がする
ケースが多いような・・・。

たとえば、私の友人の女性は
その音をこう表現していました。

恋に落ちたら、
「コトン・・・」って音がする。

ビビビじゃなくて、コトン・・・

このニュアンスの違い、
伝わります?

ダダダダーンとか、
ビビビとか、

そんな激しくて
分かりやすいものばかりが、
運命の出会いじゃない。

コトン・・・。

静けさの中で、
かすかに響く確かな音。

何とも思ってなかったのに、
「なんか、好きかも」
と思い始めるふとした瞬間。

じわじわ後から来る、
そういう一生の出会いもあります。

その友人女性の体験談は
ものすごく典型的。

学生時代に男2人、女2人で
ドライブに行ったそうです。

途中でタイヤがパンクして、
修理している男子を見ていたら、

頼もしいな、
かっこいいな、
コトン・・・」。

それから好きになって、
今では旦那さん。

その「コトン・・・」から、
30年以上も経ってるそうですよ。

「ビビビ」で華々しく
始まる結婚もいいですけどね。

コトン」で静かに
始まる結婚には
風情というか、味わいを感じます。

はじめの出会い方や
出会ったときの気持ちに、
こだわりすぎるともったいない。

ビビビはすぐ分かるけど、
コトンには時間が必要なんです。

会ってすぐに、
「この人じゃない」って
決めつけてばかりだと、

「コトン・・・」に辿りつきません。

たしかに、
会った瞬間の勘って
当たるときはあります。

人間の直観力ですごいですから。

でも、勘って
調子の良し悪しとか、
得意や苦手な分野ってありますよ。

私もそうでしたけど、
アラフォーで未婚だということは、
恋の直観力が鈍りまくりです。

この人だ、この人じゃない、
っていうあなたの恋の勘、
もしかしたら的外れかもしれない。

すぐに好きかどうか
分からなくても、

じっくり関係をあたためる
粘りも必要です。

いつ、どの瞬間に、
コトン」と音がするか
分かりませんから。

運命の出会いって、
「ビビビ」ばかりじゃない。

むしろもっと微妙な
「好き」の盛り上がりを
大切にしましょう。

はじめに決めつけすぎないでくださいね。

後から「コトン」と音がして、
30年も50年も添い遂げる人が
たくさんいるんですよ。

昔の人は、
親のすすめで知らない人と結婚して、

一緒に暮らすうちに好きになる、
なんてことも多かったようです。

今の時代にはそぐわない話ですね。
でも、学べることもあります。

運命の出会いって、
会った瞬間だけじゃ分からない。

ビビビって来た人じゃないと結婚しない。
会った瞬間に運命を感じないと付き合わない。

もしもそういう憧れが強いとしたら、
ちょっとだけ、
はじめのハードルを下げてみてください。

会ったときはビビビじゃなくても、
後からコトンと音がするかもしれない。

一生を共にする人になる可能性は、
どの人もゼロではないんですよ。

運命の出会いはビビビだ!
会った瞬間に結婚するって分かった!

そういうの、本当は
アラフォー婚活者には
毒になる思い込みなんです。

静かに育んでいく
運命の出会いもある、
そう気づいてください。

「いい人がいない」となげく前に、
コトン」の可能性に心を開いてみましょう。

アラフォーになっても、
運命の出会いはあります。

ただしそれは
ビビビではなく、
コトン・・・」かもしれない。

私はこの音、好きなんですよ。

静けさのなかに、ぬくもりがある。
そんな気がするから。

本当はダダダでもビビビでも、
コトンでもポトンでもいいんです。

他の誰でもなく、
あなただけの心の音を聞いてください。

あなたが恋に落ちる音に
耳を澄ませてください。

 

              

こじらせを解消して、幸せな結婚を引き寄せるヒントはこちら↓
【無料メール講座(全8回)】『するっと結婚が叶う8ステップ』
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*