Mother has hug his son on the bench

こんにちは!
するっと結婚を叶える、婚活コーチのよっしーです。

ある女性カメラマンさんのブログに、
こんな記事がありました。


「どうやら、
娘が幼稚園で、

女の先生に叩かれて、
バカ!って言われているらしい・・・。」

帰ってきた
娘さんの目元には
赤みがうっすら。

突然泣いたり、
叩いたりと、
情緒不安定だそうです。

もちろん、
真相は分かりませんが、
何かはあったんでしょうね。

その後、
園に掛けあったり、
役所に相談したりして、

ご両親が賢明に、
娘さんを守ろうとしています。

親が全力で自分を守ろうとしている。

幼い娘さんにとっては、
かけがえのない勇気ですね。

それにしても、
気になるのが娘さんの心。

情緒的なものもそうだし、
これから出会う先生たちを、

嫌いにならないといいなって、
思いました。

さて、ここからは婚活の話。

もしかしたら、
このブログをご覧になっている
人の中にもいるかもしれない。

幼い頃に、
親や大人から理不尽な身体的、
もしくは言葉による暴力を受けた人が。

たとえば、
父親に暴力を受けていたら、
男性が怖くなります。

母親に罵倒されていたら、
女性を憎みますよね。

で、そうした経験に、
異性観」を歪められてしまいます。

アラフォーの独身者には、
異性を強く軽蔑していたり、

敵対心や、憎しみに
あふれている人がいます。

誰でも偏見はあります。
「男とはこうだ、女とはこうだ」って。

でも、
それがひどく極端だったら、
性格や気質のせいではありません。

きっと幼い頃の体験が影響しています。

女たらしの男っていますよね。

あちこち手を出して、
いつまでも懲りない。

周りからも、
あきれられている。

一説によると、
母親から望まれずに
産み育てられた男性は、

母親から得られなかった
愛情を満たすため、
そして復讐のために、

出会った女性を
誘惑せずにいられなくなるそうです。

結婚はしたい、恋愛もしたい、
でも、どうにも、
不器用にしかふるまえない。

そんな場合は、
婚活をする前に、
傷ついた自分を癒すほうが先です。

異性を軽蔑したり、
対抗心を燃やしたり、

憎しみを抱えていたら、
いい出会いに恵まれませんよね。

つらい体験がある人は、
婚活よりもまず、

医療機関やトラウマ専門の
カウンセラーに相談してはどうでしょう。

まずは傷ついたままの、
幼い自分を癒しましょう。

あなたを傷つけた人と、
これから出会う人は別の人間なんです。

心の傷がいえれば、
ステキな人を、
素直にステキだと思えるようになります。

うちには4歳の娘がいます。

もちろん、
手を出すことなんてありません。

ただ、叱らなきゃならないときは、
あります。

本当は叱りたくないんですけどね。

鬼でも見上げるような顔をするから、
切なくて。。

だから、娘の気持ちを癒すために、
それから自分の気持ちを癒すために、

叱ったあとは、抱きしめるんです。

そうすると、ラクになる。

抱きしめると、
オキシトシンという
愛情ホルモンが分泌されて、

お互いにストレスが軽減していくそうです。

抱きしめ合えたら、
元気になれるんですよ。

あなたも心が傷つきそうになったら、
抱きしめ合ってください。

え、いないから婚活してんだよ!?

だったら、
自分で自分を抱きしめてください。


冒頭で紹介したは女性は、
後日、ブログでこんなことを書いてました。

自分の両手で
自分の体を抱きしめたら、

ポロポロと涙が出てきた・・・って。

自分で自分をハグする、
セルフハグと言うそうです。

心が傷ついたとき、
みなさんも試してみてくださいね。

どうして異性に心を開けないんだろう?
好きになれないんだろう?

どこか欠陥があるんじゃないのか?

そう自分を責めてしまうかもしれません。

でも、
人を愛せないように
生まれてきた人なんて、いませんよ。

ただ、どこかで、
素直さを失わせるような、
つらい体験があったかもしれない。

もしそうだとしても、
あなたのせいではありません。

あなたが悪かったから、
傷つけられたわけではない。

それだけは、ちゃんと
気づいておいてくださいね。

 

              

こじらせを解消して、幸せな結婚を引き寄せるヒントはこちら↓
【無料メール講座(全8回)】『するっと結婚が叶う8ステップ』
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*