fotolia_38595835_xs1

こんにちは!
するっと結婚を叶える、婚活コーチのよっしーです。

わたしは音楽好きで、
11年ほどポピュラーボーカルを習っています。

で、11年も習ってはじめて、
歌の先生からこんなことを言われました。

カッコつけなくなったら、
(歌が)カッコよくなったね
」って・・・。

カッコつけて歌うというのは、
声色や節回しを飾ったり、
技術で聞かせようとする歌い方です。

思わず、なるほど~とうなってしまいました。

カッコつけていると、カッコ悪い

あなたはどんな背伸びをしてますか?

少しでも自分をよく見せたい。
その気持ち、よく分かります。

私もカッコつけてましたから。

でもね、
カッコつけてると、カッコ悪いんです。

若いときはそれでもいいんですよ。

肌はピチピチ、大きな夢を語っても、
可能性が補ってくれるんです。

周りも若いから、
お互いの背伸びに気づきません。

でも、アラフォーになったら、
カッコつけてると、すぐばれます。

年齢と経験を重ねているせいか、
他人の背伸びに気づいてしまうんですよ。

近ごろは経歴詐称とか不倫騒動とか、
そういう話が多いですよね。

ひた隠しにしていたものが明るみになる
そういう時代なのでしょう。

昔はカッコつけていた人がモテました。
懐かしのバブル期とか。

でも、今は自然体な人がモテるような気がします。

芸能人がインスタグラムで
すっぴん写真を公開したり、

「Let It Go~ありのままで」
という歌もヒットしましたしね。

人が求めているものが
変わりつつあるのかもしれません。

あなたはどんなことで、
カッコつけてますか?

どんな弱さを隠しておきたいのでしょうか?

ええ、そうなんです。

カッコつけたいのは、
自分の弱さを隠したいからです。

ありのままの自分では頼りないんです。

ノーメイクで外出するようなそんな感じです。

スマホを忘れて外出したような、
そんな心もとなさです。

「不十分でも、愛される価値がある

そう教えてもらえた子どもは幸せです。
そう教えてあげられる親が少ないんですが・・・。

たいていの親は、
条件付きでしか子どもを愛せません。

だから、
いい子でないと愛されない、
かわいくないと愛されない、
勉強ができないと愛されない。

そういうふうに子どもは思い込んで、
生き辛い大人になるのです。

○○でないと、愛されない

この地球上には70億の人が存在します。

みんながみんな、
何かに秀でているわけではありません。

優れていないと存在価値がないのなら、
たぶん人口は半分以下になってしまうでしょう。

たとえば、
あなたにとって、十分なネズミとは、
どんなネズミですか?

尻尾が長いとか、顔がかわいいとか、
足が速いとか。

愛嬌があるとか、
しつけが出来ているとか。

もしもネズミにこう聞かれたとします。

「ボクのどこを直したら、
ネズミとして十分になれるかな?」

答えはこうです。

そのままでいいんじゃないの、
ネズミに見えるもの。

あなたは十分にそのままで、
すでにあなたです。

いいところも、
そうでないところも、
ひっくるめて「あなた」ですよ。

私たちはみんな、
欠けたままで、
不十分でも愛される価値がある
んです。

だから、できるだけカッコつけないほうがいい。

カッコつけると、
自分を否定することになります。

本当の自分には価値がない
って言ってることと同じです。

ですから、できるだけカッコつけないで、
開き直ってください。

私はこのままで、100%だ!って。

本当にカッコいい人は、

自分のいいところも、
足りないところも、
すべて受け入れている人です。

ですから、
ちょっとこんな実験をしてみませんか?

一週間、いっさいのカッコつけをやめてみましょう。

婚活中だったら、
プロフィールを盛るのをやめる。

合コンでカッコつけるのをやめる。
コンプレックスは隠さず、笑ってみる。

自分の弱さをちょっとの間、
異性にさらけ出してみるんです。

そうして、どんな変化が起きるか観察してください。

モテるようになるかもしれませんし、
何も変わらないかもしれません。

少なくとも、
カッコつけないと、愛されない、
がウソだってことは分かります。

ダメなあなたを発見したって、
誰もあなたから遠ざかったりしません。

もしも遠ざかる人がいたら、
それはあなたにとって、
大切な人ではないってことです。

むき出しで生きてみてください。

もちろん、安全は確保しながら、
でも、心はさらけ出していたほうがいいです。

カッコつけなくなると、カッコよくなる。
かわいく見せないと、かわいくなる。
いい人ぶらないと、いい人になる。

背伸びなんかしなくても、
あなたには愛される価値が十分にあります。

価値がなかったら、
この世界に存在していないし、
もうとっくに抹殺されています。

あなたが今もこうして生きているのなら、
それに値する価値があるってことです。

みんな不十分で、愛される価値がある

そう感じるために、
カッコつけたい気持ちを
少しずつ取り外していってください。

カッコつけて歌うと、
歌の良さが伝わらなくなって、
カッコ悪くなります。

カッコつけて婚活すると、
あなたの良さが伝わらなくなって、
カッコ悪くなります。

歌も婚活も、
自分を表現してアピールする
という点では同じですからね。

カッコつけなくなると、カッコよくなる

強さも弱さもそのままで、「100%の私だ」と
開き直ってみましょう。

背伸びをやめるのは勇気がいるかもしれません。
無防備な気分になるでしょうから。

なのでまず1週間、試してみてください。
ありのままでも価値がある」と気づくでしょう。

 

              

こじらせを解消して、幸せな結婚を引き寄せるヒントはこちら↓
【無料メール講座(全8回)】『するっと結婚が叶う8ステップ』
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*